【煽り運転】あおり運転をしない・されない・対処の方法

スポンサーリンク

最近よく耳にする「あおり運転」

最近ニュースであおり運転の話題をよく見かけますね。また、車を運転しているときに「煽られた」という経験がある人もいるでしょう。

「あおり運転」とは

煽り運転とはいったいどんな運転なのかというと…

・車間距離を異常に狭めて、接近する、追いかけまわす

・クラクションやパッシングで威嚇する

・幅寄せ行為

・無理な割込み、急ブレーキで後続の車に危害を与える

・罵声を浴びせる

などなど種類は沢山あります。とにかく、他の車にとって不快な行為を行うことを煽り運転といいます。もっと簡単に言うと、「いやがらせ」みたいな感じです。

最近話題の「あおり運転」による事件

東名高速夫婦死亡事故

事故の概要

2017年6月5日に神奈川県足柄郡大井町の東名高速道路で発生した、あおり運転による夫婦2人が死亡した事故です。

犯人が駐車場所以外で駐車していた為、死亡した被害者が口頭で注意。それに腹を立てた犯人が、被害者の車を高速道路本線で追いかけたのち、被害者の車両を追い抜き、進路をふさいで停車させる。そこへ、後続のトラックが被害者の車に追突して、夫婦2人が死亡した。

この事件を機に「煽り運転」という言葉をよく耳にするようになりました。

自分の身に時速80キロで鉄の塊が飛んでくると想像してください。非常に恐ろしい事件です。

エアガンを利用した煽り運転

これも東名高速道路で発生した煽り運転です。愛知県の東名高速道路を走行中に、前を走る車に向かってエアガンを発射したというもの。エアガンを発射する前に、クラクションで威嚇をしていた模様です。

この様子を被害者の男性が撮影し、警察に被害届を提出したことにより事件が話題となりました。被害に遭った車は傷がついたということです。

常磐道での煽り運転

茨城県守谷市の常磐自動車道で発生した事件です。被害者の男性に殴る暴行を加える・その様子を加害者側の女性がカメラで撮影していたということで有名になりました。

殴打する直前まで、被害者の車両を追いかける・車間距離をつめる・前に出て急減速させるという煽り行為を行っていました。その後、道路上に停車させて被害者の男性を殴った模様。

なぜあおり運転をしてしまう…?

どんな方法にせよ、これまでに他の車をあおったり、威嚇してしまった…という方が中にはいるかもしれません。あおり運転をしてしまう人・してしまった人は一体何を考えているのでしょうか?動機を考えてみましょう。

「ついカッとなってしまった」

上で紹介したあおり運転による事件・事故のキッカケの全ては「カッとなってしまった」というもの。もしも、イラっとしなかったらこんなひどい事件にはならなかったはずです。急な車線変更、割り込みは後続の車に迷惑をかける可能性もあります。

急いでいるのに…

急いでいるときはついついスピードが出てしまいがち。そんな時、目の前に遅い車が現れたら、イラっとしてしまうでしょう。しかし制限速度オーバー、周りの車に流れを合わせない運転は危険です。

煽られる側にも問題があるあも?

一般的にあおり運転をした側が悪いのですが、果たして「あおった側」が全部悪いのでしょうか?あおってしまった人の視点から考えてみましょう。

急に割り込まれた

高速道路であるあるなのが、自分の車の前に急に割り込んでくる車がいるということ。特にウィンカーも出さずに車線変更してきたら、とてもひやっとします。一歩間違えれば、接触事故にもつながります。

追越車線をずっと走っている

走行車線を走る車を追い抜くわけでもないのに、タラタラ追越車線を走行していませんか?これは」通行帯違反」という違反にあたります。

道路交通法には「追いつかれた車両の義務」というものが記載されています。

簡単に言うと、後ろから車が迫ってきたときに、その車の走行を妨害してはいけないというものです。追いつかれても進路を譲らない、速度を上げて追い抜かれないようにする、というのは違反です。後ろから速い車が来たら、進路を譲るのがマナーです。

「あおられない運転」を心がけよう

ここまで色々と紹介してきましたが、皆さんに一番伝えたいのは「煽られない運転」を心がけてほしいということです。

車の流れを乱さない

車の流れ=水の流れと考えてください。水のようにスムーズな走行が出来るように、他の車の流れを乱さない運転を心がけましょう。特に急な割込み・クラクション・全車と車間距離を詰めるのは、他の車に迷惑をかけます。そして事故や事件に繋がる可能性もあります。

早めの出発をする

気持ちが焦っていると、車の運転も粗末になり注意力が散漫になります。早めに出発することで、気持ちにゆとりが出来ます。他の車を譲る、イエローストップするなど、思いやりの運転をしていきましょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました