【ワードプレス】新エディタで囲み枠を作れない!対策は?

ワードプレス

スポンサーリンク

ワードプレス5.0から強制的に新エディタに

ワードプレスVer5.0にアップグレードしてからだいぶ経ちました。

アップグレードによって、Ver5.0以前までとは違ったエディタに変わりました。

旧バージョンでは実際にブログを見ているような感覚で記事を入力できましたが、新エディタ(グーテンベルクエディタ)では、ブロック単位で記事を書いていくことになります。

 

 

新エディタは使いにくい

 

旧バージョンで慣れてしまった人にとっては、非常に使いにくいという声が上がっています。

先ほど、「ブロック単位」で記事を書いていくと言いました。それが使いにくい理由の1つです。

文章を入力していき、Enterキーを押すと自動的に段落が切り替わり、新しいブロックが作成されます。

 

旧バージョンでは空白の行(スペース)を作りたければ、1行空行を作ってあげれば、スペースを作ることが出来ました。しかし、新エディタでは、空白のブロックを作っても空白になりません。

 

というように、旧エディタで慣れた人にとっては使いにくいというわけです。

 

囲み枠を使いたいなら旧エディタ

 

囲み枠って何ぞや

 

よくブログ記事を見ていると、下のように文字を四角で囲われている文章を見かけることがあるかと思います。

【囲み枠サンプル】

 

囲み枠の何がイイかというと、大事な文章を強調できることです。

囲み枠をうまく使うことで、記事が見やすくなるし、見た目も良くなります。

 

ところが、新エディタではこの囲み枠が使えない…

私もつい最近までは、新エディタで記事を書いていました。新エディタで囲み枠を作ろうとしましたが、どうも作ることが出来ないのです。という訳で、急遽旧エディタに戻すことを決意しました。

 

ここまでのまとめ
・新エディタでは「ブロック」を積み重ねて記事を書いていく
・新エディタでは「囲み枠」を作成できない。

 

旧エディタ(クラシック)に戻す方法

 

では、旧バージョンのエディタ(クラシックエディタ)に戻す方法を紹介します。

 

プラングインの新規追加

 

ダッシュボードで「プラグイン」⇒「新規追加」の順にクリックします。

検索画面で、「ClassicEditor」と検索します。するとClassicEditorプラグインが出てくると思いますので、コチラをインストールし、有効化します。

 

 

有効化したら、すぐに旧バージョンのエディタが使えるようになります。

 

これで使いにくかった新エディタとお別れできます。

個人的に旧エディタの方が、初心者にとっても扱いやすいのかなと思います。

他のブログサイト(アメブロ・はてなブログ)と同じ感覚で記事作成できます。

 

この記事のまとめ
・『ClassicEditor』というプラグインをインストールすれば、旧エディタで記事作成ができる!

 

 

 

コメント

  1. […] 【旧エディタへの戻し方】https://benrinet.work/2020/02/02/636/ […]

  2. […] 【ワードプレス】新エディタで囲み枠を作れない!対策は? […]

タイトルとURLをコピーしました