スポンサードサーチ

段落と段落にスペースを空けたい

 

僕もまだまだブログ初心者です。記事を書いていく中で、色々苦戦することがあります。その第1弾?が「段落間にスペースを入れたい」というもの。

 

自分であれこれやってみた結果です。

 

 

適度な空白で記事を読みやすくする

 

記事を作っていく中で大事にしたいことは、「見た人が見やすい・読みやすい記事」を作ることがブロガーにとって大切です。

読みにくい記事や、ぱっと見ぐちゃぐちゃしている記事ってなかなか読んでもらえないものです。アクセス数を今後増やしていくためには、記事の構成だったり、デザインも大事になってきます。

ある程度の空白を作ってあげると、読みやすい記事になったりします。話の内容が変わるときとか、文章が長くなりすぎてしまいそうなときに…

逆に空白を作りすぎても、さみしい感じになります。

 

空白を入れる方法

それでは早速、空白を入れる方法を説明していきます。

 

Enterで改行するだけではダメ

よくやってしまいがちなのは、Enterで改行して文字のない段落を作る方法です。僕自身もついこないだまで、この方法をやっていました。

 

 

「文章を入力、または/でブロックを選択」と表示されると思います。

何も文字を記入せずに、改行するとどうなるでしょうか?

 

 

こんな風に、意味のないことになってしまいます。

何も入力されていない段落は、勝手に無視するようになっています。

何かしら文字が入力されていれば、いいのですが…

 

【対策】段落に「スペース」を入れる

何かしら文字が入力されていればOKだということで、見えない文字を入力してみましょう。

 

 

見えない文字(スペース)を入力しました。全角モードでスペースキーを1回押しただけです。

これで、見えない文字(スペース)が入力されました。

これによってどうなるのでしょうか?

 

スペースを入れた結果

 

お見事、望んでいた通りの空白ができました。

2段落分の空白を空けたければ、2段落にスペースを入力してあげます。

これで見やすい記事に一歩前進しました!

 

まとめ

段落と段落の間に空白を作りたければ、スペースだけを入力した段落を作ってあげることで、空白が生まれます。

文章が長くなりすぎた時、画像を挿入したときなど、空白を入れたほうが見やすくなる箇所でこの方法を使ってみて下さい。