次亜塩素酸水の効果と使い方。手の消毒・新型コロナ対策に使えるのか?

新型コロナが流行し始め、よく耳にするようになった次亜塩素酸水。

消毒と言えばアルコール消毒が、皆さんの中では一番おなじみではないでしょうか?

 

消毒用アルコールはお店や飲食店でもよく見かけます。

 

消毒用アルコールが品薄になったこともあり、その代替として注目され始めたのが次亜塩素酸水です。次亜塩素酸水とはどんな効果があるのか?気になる人も多いはずです。

 

今回は、次亜塩素酸水の効果と使い方について紹介していきます。

 

スポンサーリンク

次亜塩素酸水について

 

簡単に言うと、食塩+水で作られている

次亜塩素酸水とは、塩酸もしくは塩化ナトリウム水溶液(分かりやすく言うと食塩+水)を電気分解して作られる物です。使用例を挙げると、医療分野では「強酸性電解水」として医療機器などの消毒に、食品分野では食品添加物の「殺菌料」として野菜や調理器具の消毒に使われています。

次亜塩素酸水は人体にも比較的やさしい

食品(おもに野菜や果物)の殺菌に使われていますが、次亜塩素酸水は人体への影響が少ないです。しかし、除菌目的で市販されている次亜塩素酸水は食品添加物ではないため、一般的に食べたり飲んだりしないほうがいいとのことです。

 

 

次亜塩素酸水は新型コロナ対策に効果があるか?

 

ココからが本題です。

新型コロナが流行し始めて話題になった次亜塩素酸水ですが、果たして効果はいかがなものか?

そしてどうやって使用すればいいのかご紹介します。

 

新型コロナ等のウイルス除去に効果あり!

 

次亜塩素酸水は新型コロナウイルスの殺菌効果があるとのことです。

 

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)は経済産業省の要請に応じ、アルコール以外の消毒方法による新型コロナの消毒に効果があるか調査を行いました。

調査結果によると、界面活性剤(台所洗剤)・次亜塩素酸水(電気分解で生成)・第4級アンモニウム塩の3つが、新型コロナの消毒に効果があると発表されています。

 

【経済産業省・新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価】
https://www.meti.go.jp/press/2020/04/20200415002/20200415002.html

手や指の消毒にも一部効果あり

かつては手や指の消毒で次亜塩素酸水を使うのは有効ではないとされていました。

しかし、4月17日経済産業省が”一部の次亜塩素酸水で新型コロナの消毒に有効である”と発表しました。

 

ここで気になるのが”一部”というキーワード。

一部というのは、医療用の次亜塩素酸水のことを指します。医療用の次亜塩素酸水が、一般の人にも流通していることから、手や指の消毒にも有効であると修正しました。

医療用の次亜塩素酸水は手指の消毒に有効である。

 

次亜塩素酸水は身の回りの消毒に!

次亜塩素酸水は手や指の消毒には、適していない商品がありますので、身の回りの消毒で使用するのが良いでしょう。しかも、アルコール除菌と比較すると、次亜塩素酸水のほうが殺菌効果が高いという情報もあります。

消毒用アルコールは手や指のウイルス除菌に適しており、次亜塩素酸水はドアノブや手すりなど、人がよく触れる場所の除菌に向いています。

・消毒用アルコール⇒手や指の除菌、徐ウイルス
・次亜塩素酸水⇒ドアノブや手すり、キッチン、トイレの殺菌

次亜塩素酸水の入手方法

ホームセンターやスーパーなどでも取り扱っていますが、新型コロナが流行していることもあり、品薄・品切れ状態が続いています。

一方で、Amazonなどの通販では在庫がある商品も多いです。入手したい人はAmazonなどで購入することができます。

以下の記事でAmazonで買えるおすすめの次亜塩素酸水を紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

 

 

まとめ

 

ここまで次亜塩素酸水の効果や使い方を紹介してきました。

 

要点は以下の3つです。

・次亜塩素酸水は人の体にも優しい
・次亜塩素酸水は新型コロナの除菌に効果がある

・次亜塩素酸水は身の回りの消毒に使う

 

ウイルス対策で基本となるのは「手洗いとうがい」になります。

そして、場面に応じて消毒用アルコールや次亜塩素酸水といった除菌効果があるものを活用してウイルスと戦っていく必要があります!!

 

手洗い・うがいは基本だから、しっかりやろう!

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] 次亜塩素酸水の効果と使い方。手の消毒・新型コロナ対策に使えるのか? … […]

タイトルとURLをコピーしました