【史上初】サッカーU23日本代表GL敗退 森保監督退任!?

スポンサーリンク

AFC U-23選手権 グループリーグ敗退

U-23選手権 グループリーグ敗退は史上初

U-23日本代表は12日、タイのタマサート・スタジアムで開催されている、AFC U-23選手権の第2戦・U-23シリア戦が行われた。

試合結果 (日本 1-2 シリア)

前半9分にPKでシリアに先制された日本。しかし、前半30分にMF相馬勇紀(鹿島→名古屋)の得点で同点に追い付く。

しかし、後半43分にカウンターからシリアに決勝点を献上。結果的に1-2と敗戦を喫した。

敗れた日本は2連敗でグループリーグ敗退が決定。同大会(AFC U-23選手権)史上初めて決勝トーナメント進出を逃す結果になった。

初戦はサウジアラビアと

日本 1-2 サウジアラビア

前半両チーム無得点で迎えた後半3分、ドリブル突破を許して先制点を献上する。しかし、同11分にMF食野亮太郎(ハーツ)のシュートで同点に追いついた…が、同40分にはバックパスのミスからPKを与えてしまう。これを決められ、スコアは1-2で終わった。

U-23選手権 3位以内で東京五輪出場権獲得

AFC U-23選手権にて3位以内になると、東京五輪出場権を獲得できる。

しかし、日本は上で述べた通り、グループリーグで姿を消す結果となった。

東京五輪目前に、悲劇を味わうこととなった。

日本は開催国枠で出場可能

グループリーグ敗退した日本代表だが、開催国枠で出場権を得ている。

しかし、世界の強豪と対戦しメダル獲得を目指している日本代表にとって、AFCグループリーグ敗退は悲劇といえるだろう。

AFC U-23選手権である程度の結果を残しておきたいところだった。

Twitterでの反応

「#森保解任」の声が多数

Twitterでは森保一監督に対する厳しい声が挙げられています。

GL敗退は史上初ということもあって、試合結果を受けてユーザーの皆さんの厳しい意見が投稿されています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました